支部防災体制 【風水害】 注意体制 発令

基準観測所(栃尾)で累計雨量が80o/24hを超え、警戒雨量(120mm/24h)に達する恐れがあるため、10:00に支部防災体制【風水害】の注意体制を発令しました。

【訓練終了】

本日の訓練終了いたしました。ご協力ありがとうございました。

【演習】支部防災 非常体制発令

9時50分、高山市奥飛騨温泉郷平湯地先白谷において山腹崩壊に伴い河道内に土砂堆積しているのを発見し、今後の土砂流出による重大災害発生のおそれがあるため非常体制を発令します。

【演習】支部防災体制発令

【演習】栃尾雨量観測所において、5月15日9時の時間雨量が38mmを観測し、土石流のおそれがあると想定するため、警戒態勢発令します。

【継続中】災害対策支援の警戒体制を発令

石川県へ向け、事務所職員による緊急災害対策派遣隊を広域派遣しました。

災害対策支援の注意体制へ移行

2024/01/09(火)16:00

石川県へ向け派遣していた緊急災害対策派遣隊が帰還した。
引き続き情報収集を行うため注意体制へ移行する。

災害対策支援の警戒体制を発令

2024/01/03(水)9:00

事務所職員による石川県への緊急災害対策派遣隊の出動のため

災害対策支援の注意体制を発令

2024/01/02(火)15:35

事務所職員による石川県への緊急災害対策派遣隊の出動準備のため



支部防災体制 【地震 警戒体制】 解除

2024/01/02(火)13:10

巡視及び情報収集の結果、異常が無いことを確認した。

管内の安全確認巡視の開始

2024/01/02(火)8:00

管内の安全確認のための巡視を開始しました。

支部防災体制【地震 警戒体制発令】

2024/01/01(月)16:10

事務所管内で震度5弱を観測したため

支部防災体制 【風水害】 注意体制 解除

流域内の状況についてCCTVカメラにより確認を行い異常が見られなかったこと、関係機関からの災害報告は特になく、殿雨量観測所、栃尾雨量観測所において7月2日の8:00以降降雨が確認されず今後の強い雨域は予測されていないことから、注意体制を解除します。

支部防災体制 【風水害】 注意体制 発令

高山市に土砂災害警戒情報が発令され、かつ、直轄エリア内で土砂災害警戒判定メッシュ情報(岐阜県 土砂災害警戒情報ポータルより)の実況もしくは予測が警戒レベル4相当以上に判定されたため、16:30に支部防災体制【風水害】の注意体制を発令しました。

訓練終了

本日の訓練は15:30をもって終了しました。

<訓練>支部防災体制 【風水害】 警戒体制 移行

高山市奥飛騨温泉郷神坂地先右俣谷で発生した山腹崩壊において応急復旧が完了し、13時以降の時間雨量が0mmで管内や周辺に雨域が確認できず、岐阜県内の大雨洪水警報および土砂災害警戒情報が解除されたため、15:20に支部防災体制【風水害】の警戒体制に移行します。
引き続き山腹崩壊箇所の監視を継続中です。

<訓練>支部防災体制 【風水害】 非常体制 発令

高山市奥飛騨温泉郷神坂地先右俣谷において山腹崩壊が発生し、今後の土砂流出により重大災害が発生する恐れがあるため11:10に支部防災体制【風水害】の非常体制を発令しました。

<訓練>支部防災体制 【風水害】 警戒体制 発令

基準観測所(栃尾)で累計雨量が120o/24hを超え、土石流の発生の恐れがあるため、9:00に支部防災体制【風水害】の警戒体制を発令しました。

<訓練>支部防災体制 【風水害】 注意体制 発令

基準観測所(栃尾)において24時間雨量が80mmを記録し、指定雨量を超え警戒雨量を超え警戒雨量に達すると想定されるため、6:00に支部防災体制【風水害】の注意体制を発令しました。

支部防災体制 【風水害】 注意体制 解除

基準観測所(殿・栃尾)において6時間以上無降雨の状態が観測され、CCTV巡視点検の結果、異常が認められず、当面、降雨をもたらすような雨域がなく、関係機関からの災害報告がないことを確認し、高山市に発令されていた大雨警報が大雨注意報に移行したため、注意体制を解除します。

支部防災体制 【風水害】 注意体制 発令

基準観測所(栃尾)で累計雨量が80o/24hを超え、警戒雨量(120mm/24h)に達する恐れがあるため、4:00に支部防災体制【風水害】の注意体制を発令しました。

次ページ»  [1] [2] [3]